抱っことおんぶは最強のお手当て

開店前のパン屋の行列に 抱っこ紐のパパさんが一人  

目が合ってご機嫌で声が出たベビちゃんを機にパパとおしゃべり


 「今日初めてこれ(エルゴ)使って外に出たんです」 


なるほどなるほど、朝からおつかいご苦労様です。  


しかしこのパン屋の中はかなり狭く、

前抱っこでトレーもってパン選んでだいぶ待たされるお会計は結構きつい。

そして、慣れない感じであやすパパ。

だんだんご機嫌ベビちゃんもぐずり始める…

くろちゃん(←旦那さまです)がさりげなく声をかけ、私がエルゴを修正。


 「おぉ結構上なんですね、かなり密着しました」 と喜んでいただけました。

まぁその後も前抱っこで、パンをトングで挟む様子は大変そうだったんだけれど

なかなかおんぶでお出かけは難しいよね、パパ。



抱っことおんぶのポイントは

知っていると 困った人にさりげなくお伝えできる優しい「おせっかい」


 一時期抱っこ紐レーダーみたく、

人出会う人 とっ捕まえて「ねぇねぇ」と言っちゃいそうな危ない奴だったけれど、

今は話していて辛そうかな?という人にだけ。 


笑顔で子育てしている人に 「それ、ちょっと違ってるから」というのは
ただの迷惑なやつ。


赤ちゃん抱っこしていない私がお伝えするのは

しんどい人に相談されたときだけにしています。


本当は、前抱っこしているすべてのママさんにお伝えしたい事。

今の抱っこからちょとだけ変えるだけで、格段に楽になる。


心地よい抱っこは安心、安全につながるし
ママの身体がしんどくならない抱っこおんぶの方法は
赤ちゃんの発達も上手に促され、ママと赤ちゃんの心の安定につながる。
発達障害の要望にもなる、そう思っています。


3月は定期的に主催している「ふんわりすくすく赤ちゃん講座」を

子育て支援者向けに初開催。


助産師さんも保育士さんも、

子育て支援をしたいと活動されているすべての人にお伝えしたいお話です。


3/26 子育て支援者向け ふんわりすくすく赤ちゃん講座


おてあて  ハミングバード

クラニオとヘナ まわりてめぐる ひとしずく

0コメント

  • 1000 / 1000