はっきりでもぼやんとでもワクワクの妄想は実現可能な夢となる

余韻冷めやらぬアースデイ東京でしたが

翌日のクラニオのお手当てでいい感じに緩み
そして流れがぐっと変わったことも実感


来る‼波が‼


そんな感覚


アースデイ東京は私にとって思い入れの強いイベント

毎年、必ず行くことにしている、いや必ず行きたいビッグイベント。


はじめて参加したのは2008年

ボランティアでの参加だったんだけど、その動機は夏フェスに行くための練習としてだった。


すごいなーすごいなー

叶うんだよね。いつかこうしたい!って思うこと。



当時私がどーしても行きたい!と思っていたのが

ap bank fes♪


ブックオフで出会ったap bank fesの青い空、緑がきれいな広い会場
そして、ボランティアスタッフや出演アーティスト、飲食から雑貨に至るまですべてがhappyでpeacefullな様子に

「何!ここ!行きたい!どうやったらいけるの!」

とワクワクした。


チケット取れないらしい…ならば、ボランティアで!と考えたのがそもそものきっかけ。

今年の夏はフェスに行くぞ!と決めたものの

「はて、私夏フェス初だけど暑さ耐えられるの?そしてボランティアもしたことないし大丈夫なの?」と悩んだ末、まずはボランティアを経験することにしたのがアースデイ。

1日過ごせなければ,夏フェスだってしんどいはず。

石橋をたたき割ってきた私は、不安ゆえ用意周到に準備したがるタイプだったのです。




はじめていったアースデイ東京は

「やだー!私の大好きな世界じゃないか!」という驚きと感動に満ちた1日でした。

地球の事、環境の事、人間の事、そして未来の事、子どもたちの事、経済の事までも考えた

happyでpeacefullな人、モノ、事でいっぱいで

2008年のアースデイは、

私は私の好きなものを好きと言っていいんだーーーー!と思えた日


ボランティアが楽しくて、寝坊助な私がパチッと目が覚め始発電車に乗り、代々木公園へ。

終日たっぷり活動して、みんなともうちょっと一緒にいたいのに

慌てて帰りの終電飛び乗り、群馬へ帰る。

そんな時間がとっても楽しかった


ボランティアもやりつくすと、今度はたっぷりじっくりお客さんとして参加したくなる。

でも、やっぱりボランティアもいいな、出店スタッフも経験したいな・・・


なんて思っていた翌年、和のクラニオセイクラルセラピーのブースでお手当てスタッフとして参加


そして今年は更にもう1ブースがんこ本舗×Umiのいえおそうじ学校のブースにもスタッフ参加


すごいなーすごいなー

叶うんだよね。いつかこうしたい!って浮かんだこと。


何年後にはこうしていたい!って考えると夢って描けないんだけど

ワクワクするような妄想レベルでふと思うことがあった

↑久びさでワクワクした。

あ、夢の描き方ってこれでいいんだね。

そう思ったら物凄ーくいろんなことへの感謝の気持ちでいっぱいになったよ。


幸せだー。



ap bank fes 今年はみちのくで開催💛



<おしらせ> 

4/29(土) ゴミ拾いは人生を変える?拾い続けて見えたこと 

5/1(月) マタニティお茶会  

 5/4(祝) GW♪親子で泥んこ田んぼ遊び 満員御礼 

 5/5(祝) GW♪親子で泥んこ田んぼ遊び 

 お申し込みはリンク先または hena.cranio.hummingbird@gmail.comまで

おてあて  ハミングバード

クラニオとヘナ まわりてめぐる ひとしずく

0コメント

  • 1000 / 1000